スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本でやってみた

まずはPCスペック。
HOI3もちゃんと動きます。
センパーファイの日本語版で、MODは日本指揮官追加MODのみ
Speccy.jpg


難易度簡単、補給はアーケードで36年から始めました。陣営は枢軸にJOIN!
動画をとっていたのですが間違えて消しちゃったので、38年11月というもう39年じゃねぇかっていうところからこのブログは始まります。

軍隊の司令部は大きく3つありまして、
大本営司令部:国防軍的な要素が強い。完全委任集団
関東軍司令部:日中戦争で中国を倒す主戦力となった。AI完全委任
統合軍司令部:実働戦闘部隊の中で唯一AI委任されていない



では現時点の日本の状況から。
amarecco0034.jpg


現在我が国はシャンシー、山西、中共、国民党、シーベイサンマを倒し、シーベイサンマのみ独立してのこりは全て併合している。これにより台湾海峡の戦略効果が付き、研究が10%はやい!
日本本土、日本領朝鮮、日本領中国が大日本帝国領で、属州に満州国、西北三馬(シーベイサンマ)があります。


ところでシーベイサンマとは?と思う人もいるかと思うのでウィキペディアより引用


馬家軍(ばかぐん)は1949年まで甘粛、寧夏、青海地域を支配していた軍閥の一族。一族のほとんどが姓が馬の甘粛省河州(現臨夏回族自治州)出身で、中国のムスリムたる回族である。馬家軍の主要人物は甘粛の馬占鰲、馬安良、寧夏の馬福祥、馬鴻逵、馬鴻賓、青海の馬海晏、馬麒、馬麟、馬歩芳で、特に馬鴻逵、馬鴻賓、馬歩芳らを併せて“西北三馬”(シーベイサンマ、西北地方の3頭の馬の意)と呼ばれた。
いずれも清末の回教反乱の中から出で、辛亥革命の混乱の中で政府側に回り、同じ回教徒の血を踏みつけて高官の座に昇った側面がある。この事から、回民社会では彼らのことを「回回の血で、やつらの官吏制帽の真珠を赤く染めた」と伝えられている。
馬家軍は一貫として勢力維持をつとめ、中国国民党と手を組み、勢力内に侵入してきた中国共産党の西路軍や日本軍と戦った。国共内戦では国民党に味方し共産党軍と戦い、敗色が濃厚になると馬鴻賓が投降し、馬歩芳と馬鴻逵が国民党と共に台湾へ逃亡した。


長いっすね・・・
今回はこいつらは中国とは別でいいかもと思って独立させたった。


次に各技術について。
amarecco0036.jpg
amarecco0037.jpg
amarecco0038.jpg
amarecco0039.jpg
amarecco0040.jpg
amarecco0041.jpg
amarecco0042.jpg
amarecco0043.jpg
amarecco0044.jpg
amarecco0045.jpg
amarecco0046.jpg

あらかたの技術はそこそこに進んでいるし、日中戦争でつんだ戦車実践もあるので、中戦車技術も時間の問題かな?
1回開発して終わるタイプの技術で必要なものは今のうちにやっておきたい。秘密兵器はしょうがないけど。
指導力が微妙な日本だが、核も開発していこうと思う。
歩兵技術を持て余したら、民兵技術も研究しようと思う。南洋諸島や関東軍には守備隊も多いので、もしものときに役立つかも。



政治については、資源不足から全面的経済動員にできないので、戦時経済になっておりそれでIC300くらい。アメリカとの交易で金を得てそれで資源を買っていたが最近アメリカが物資を買わなくなって、不足し始めた・・・
今後雲南を攻撃するとき、全面的経済動員を発動し、雲南併合後中共か国民党を傀儡独立させるかと考えています。そうなると指導力が下がるので今のうちに技術をどの部分どの程度進めておくか悩み中・・・
amarecco0047.jpg

諜報については順調で、アメリカを右寄りにして、かつフランスやイギリスがアメリカを引き寄せようとしているときに日本もアメリカを引っ張る作戦で地味に連合入りを遅らせる戦法。平時で、しかもICを有効に活用しなくても全面的経済動員をしてる日本などより多いICを動かせて、かつ資源も余りあるようなチート国家ですからね。アレが味方でないにせよ敵でないのは良いこと。
今は平時なので、国内諜報は与党支援に回そうと思います。
amarecco0048.jpg


~今後について~
まずは、日本本土の基本ICを200をめざします!
なぜなら、
さくっと雲南を落として、全面的経済動員しつつ増えた指導力を使って技術開発をすすめるか、技術開発をすすめたのちに、雲南を落とし中国独立をさせるかと考えているからです。
資源には余裕が無い訳ではないので、前者をとる予定。技術開発が済んでも現在建設中のレーダー施設の建設位はやってあげてからにするつもりです。

どちらにせよ中国傀儡化は手軽に背後をかためられて、万が一対ソ戦と対連合戦がかぶったとき役立つのでやっておきたいところです。

無論日本本土や南洋諸島にもレーダー施設を配置中で、沖縄・札幌・南洋諸島にはロマンたる沿岸砲台内陸要塞を建設したり・・・

普段の資源輸出だけでなく、対ソ戦での兵員不足の補充用にも効くし、対連合戦になったときはインド攻略の主力になってもらいたいし。その頃には、南部仏印進駐イベントがおこり仏領インドシナは日本領になるでしょう、ついでにタイも下手に動かれたり、邪魔されるとアレなので仏印進駐後に攻撃、傀儡独立を行う予定であります。

というか朝鮮も独立させたいけど、北朝鮮と韓国を分けないとダメという・・・


ナチスドイツ(以下略してナチツ)が連合戦に入った後のことは全く考えてません・・・
ソビエトをナチツより先に倒し、ヨーロッパまで及ぶ広大なロシアの土地を我が物とするか・・・
東南アジア諸国を解放し、インドを解放、中東・アナトリアを舗装してヨーロッパまでの道を拓くか・・・

イタリーが枢軸入りしたあと東欧への橋頭堡としてギリシャを落とし、未加盟の東欧諸国を食い荒らしたり、スペインを奪い、ナチツより先にフランスという外道戦法もあります。

フィンランドに同盟国になってもらい、関東軍はシベリアから、統合軍はフィンランドからサンクトペテルブルク及び周辺へ強襲上陸、ナチツあるいはポーランド国境を素早く占拠し、モスクワを落とすというのも面白そう。


~最後に概略で同盟国や自国の軍備を見よう~
amarecco0049.jpg
amarecco0050.jpg
amarecco0051.jpg

陸軍はナチツ様ほどじゃないけどそれなりまで増強。海軍・空軍は世界最大レベルまで増えております。
今後は陸軍を中心に兵力を増強し、いずれ来るであろう欧州戦役にそなえ、機甲部隊を拡張していく予定であります。
プロフィール

りこりす

Author:りこりす
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
かうんたー
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。